プログラミング言語

プログラミングの技術も進化、発展してきたことで、IT業界が大きく進化をしつづけています。プログラミング言語と言っても、実に様々な種類のものがあります。

種類ごとに出来ることが違うので、プログラミング言語を学びたいという人は自分がまず何をしたいのか、ということを考えて定めたほうがいいでしょう。また、ひとつの言語を習得すればあとは簡単に習得出来るのかというと、そうでもありません。もちろんコツなどはつかめてくるかもしれませんが、目的別に分かれているため内容が重複していることはあまりないのです。

高校や専門学校などでプログラミングの導入として最初に教える言語はC言語というものですので、これは学んでおいたほうがいいかもしれません。それからオブジェクト指向型ではJava、C#、VB.NET、C++、スクリプト言語であればPerl、Python、PHP、Rubyなどを押さえておくべきでしょう。ウェブサイト制作をしたいのであればJavaScript、サーバサイドスクリプト言語であるPerl、PHP、Ruby、Pythonがあります。

また目的としては人気のあるゲーム開発ですが、これにはCとC++が定番のようです。このように、プログラミング言語はウェブ上だったりIT企業で技術者として働いていくためにはある程度必須の技術ではありますが、最近ではiPhoneやアンドロイド端末向けのアプリケーションを、プログラミング言語を用いることなく制作出来るツールが登場しているようです。ホームページなどもそうですが、HTMLの知識がなくてもページ開設が出来るものがあったりしますよね。それと同じ感覚でアプリまで知識がなくても作れる時代になってきているのです。本当に便利な時代なったものだと思います。

プログラミングの技術も進化、発展してきたことで、IT業界が大きく進化をしつづけています。プログラミング言語と言っても、実に様々な種類のものがあります。
 
 種類ごとに出来ることが違うので、プログラミング言語を学びたいという人は自分がまず何をしたいのか、ということを考えて定めたほうがいいでしょう。また、ひとつの言語を習得すればあとは簡単に習得出来るのかというと、そうでもありません。もちろんコツなどはつかめてくるかもしれませんが、目的別に分かれているため内容が重複していることはあまりないのです。
 
 高校や専門学校などでプログラミングの導入として最初に教える言語はC言語というものですので、これは学んでおいたほうがいいかもしれません。それからオブジェクト指向型ではJava、C#、VB.NET、C++、スクリプト言語であればPerl、Python、PHP、Rubyなどを押さえておくべきでしょう。ウェブサイト制作をしたいのであればJavaScript、サーバサイドスクリプト言語であるPerl、PHP、Ruby、Pythonがあります。
 
 また目的としては人気のあるゲーム開発ですが、これにはCとC++が定番のようです。このように、プログラミング言語はウェブ上だったりIT企業で技術者として働いていくためにはある程度必須の技術ではありますが、最近ではiPhoneやアンドロイド端末向けのアプリケーションを、プログラミング言語を用いることなく制作出来るツールが登場しているようです。ホームページなどもそうですが、HTMLの知識がなくてもページ開設が出来るものがあったりしますよね。それと同じ感覚でアプリまで知識がなくても作れる時代になってきているのです。本当に便利な時代なったものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です